2016年2月6日 223536 JST


「ペットと暮らすこと」イラストを使ってわかりやすくつづる物語「きの、と、うり。」。

/) /) (今回は、全文公開するよ**
*´ㅅ`) o0

もし、気に入っていただけたら、noteをフォローしてくださると嬉しいです!

今までのおはなしはこちらにまとめてあります。


「プロが教える!明日からウサギと暮らすための6講座」では、紅玉色の目を持つ子ウサギに気に入られてしまった「きの」が、これからウサギカフェの店長さんである「武田さん」に、ウサギについて教わってゆきます。その場所にこっそりお邪魔して、一緒にお話聞いてみましょう。

この「6講座」シリーズを読めば、

ウサギってよくわからない…

から、

ウサギのことならわたしに聞いて✧

となることを保障します。

今日の内容は、意外と「どうしたらいいんだろう…」と悩む、ウサギの住まいのこと。ウサギの一生にも関わる病気の予防にもつながります。必見。


■6講座内容


1)ウサギの目、はな、くち、耳ってどうなってるの?

2) 「ウサギってニンジン食べるんでしょ?」「うちの子食べないよ」「え?」

3)「ウサギ家の中で自由にさせてるの?」「家の中壊されちゃうよ」「こ、壊す?」← NOW‼

4)ウサギの「衣」(4月11日)

5)ウサギの「性」と「不妊手術」(4月18日)

6)ウサギの「家族」(4月25日)


それでは、はじめます。

************


きの「この子ウサギは、どういうところで飼えばいいんですか?ここだと、ゲージに入ってますよね。」

店長「家の中で、一緒に暮らすわよね?そしたら、ゲージに入れるようにしたほうがいいわね。」

きの「どうしてですか?」

店長「かじるのが、この子達のお仕事だからよ」


■ウサギはかじることが、仕事?

ウサギが走ったり食事をしている姿を思い出してほしいのだけど、ウサギは前足をつかって食事をしない。げっ歯類、たとばハムスターは器用に前足を使ってるけど。

じゃあ彼らはどうやって食事をとるのか。口を器用に使う。それが食べ物であるか」という確認も全て、口でかじってする。

これは、子ウサギが菜の花を食べている動画だから、ちょっと見てみて。



こんな調子のウサギたちを、部屋の中をウサギを放したとするわね。さて、なにが起きるのか。

部屋中を、かじって確認するわ。大事なモノは、しっかり片付けてね。壁やカーテンをかじる子は、放っておくと家の中を壊されてしまうので、外に出す範囲を仕切ったりして決めてしまうといいわ。


■ウサギがかじるのが大好きなモノって…?

ざっと思いつくモノを挙げてみるね。

●ゴム製品
●壁
●木製品
●紙製品
●布製品
●プラスチック製品


これって、家の中に溢れているでしょう?

うっかり、スマートフォンの充電コード置いてあったら、ひと咬みで断線するわよ。ウサギにしてみると、「これ、なんだろう?」と確かめてみたくらいの気持ちなんだろうけどね。

それに、スマートフォンの充電コードを咬むと感電する可能性がある。ウサギの命を守るために、気をつけてあげてね。

上に書いてもらったものは、ウサギたちみんなが咬むわけではなくて、その子によって好きな「咬みごたえ」があるみたい。

彼らは口元が敏感だから、「これなんだろう?」と確かめると同時に、「変化がするもの」が好きみたい。そういえば、リモコンのボタンが全てなくなっているお宅を見たことがあるわ。


■ウサギのオスの縄張りは100メートル四方!?

「ケージが狭いんじゃないか」と心配される飼主さんがけっこういらっしゃるのだけど、ウサギの縄張りは広くて、一般的な日本のお宅だと、ウサギの希望に添うことはできないから、ウサギに合わせてもらうことをお勧めする。

ウサギが「ぴょんぴょん」と2回跳べるくらいの広さと、立ち上がれる高さがあるといいと、いわれているわ。

中には、

●トイレ
●えさ入れ
●水飲み

があれば、最低限はそれで十分。これが、子ウサギちゃんの部屋。

正面から。トイレは抜いてある。

これは、上から。

この子ウサギちゃんは、後足のかかとが痛みやすそうなので、すのこを床に敷いてあげてる。ウサギは囲まれている空間が好きだから、ちょっとした筒を入れていて、子ウサギちゃんお気に入りよ。

ほら、入っているでしょう:)

これは、わたしが暮らしているウサギの部屋。もう7歳のおじいちゃんで、昔はすのこを敷いてあげていたのだけど、彼は足の裏が強いみたいでプラスチックのままでもかかとが痛んでいないから、そのままにしているわ。掃除がしやすいから。

そのウサギの性格や癖、好きな素材によって、カスタマイズしてあげられるといいわね。


■ウサギのかかとが傷むって、なに?

ウサギは人間と同じく、かかとを地面について生活する動物。「イヌやネコも地面に着いてるじゃない?」と思うけど、あの子たちは、つま先しか着いていないの。お家の子を、よく見てみてね。

それに、ウサギは肉球がない。だから、ヒトと同じように直接足の裏に体重がかかるの。

その足の裏、特にかかとが傷みやすくて、長生きしている子はたこになっていたりするのね。それでも、血が出ていなければまあよし、とするのだけど、一度出血してしまうと、治ることがとても難しい。ウサギはかかとを着いて生活していることと、一度膿んでしまうとほんとうに治りにくいの。

ここが、ほかの動物と違うところね。

酷くなると、関節まで炎症が広がって変形したり、包帯をずっと巻いている生活になるわ。

だから、かかとを傷まないようにする予防が、とてもとても大事。

普段から、かかとのチェックはしてあげてほしいわ。


***********

きの「イヌやネコって、つま先で歩いているんですね」

店長「そうなのよ。彼らも年を取ってかかとを突いて歩くようになると、かかとが痛むことがあるけどね。ウサギにとっては、かかとはその子の一生を左右する。これらは飼主さんが予防できることがほとんどよ。」

きの「普段から、いろんなところを触って、チェックしておくといいんですかね。」

店長「うん、それが理想ね」

/) /) (次回に続く**)
*´ㅅ`) o0

以下に記事はありません。「おもしろそうだな」「もっとよみたいな」の気持ちで、投げ銭やクリエイターサポートをいただけますと、この記事を書く励みになります。


───── たけだまゆこ ─────

▶ブログ

「たけだまゆこの頭の中。」 http://aisudog.hatenablog.com/ (頭の中の図や絵を言葉にする場所です)

「ペットとあなたの10年後を考えるblog.」 http://pet-to-anata.blog.jp/ (シニアと呼ばれるペットのための活動や、ウサギについて書いています。)

▶note

「にがおえハンコ/イラスト」 https://note.mu/aisu_dog/ (作品のポートフォリオと販売場所です)

「もふnote」 https://note.mu/pta_moff/ (「ペットと暮らすこと」イラストを使ってわかりやすくつづるnoteです。

**゜ /) /)
c(⌒(_*´ㅅ`)_ 移住日記はじめました!!)

─────────────────