みなとみらい線、「日本大通り駅」から歩いて3分。「産業貿易センター横浜産貿ホール マリネリア」に近づくと、キャリーケースやバッグがちらほら見えてくる。

「同じところに行くのかなぁ?ねえ、うりちゃん。」

12

そうなんじゃないの?by うり


キャリーケースと言っても、旅行用のバッグではなく、ペットが入るプラスチックのケース。
または、布のケース。うりちゃんはちょっと特別な布製のウサギ用の移動バッグに入って移動をします。



うさフェスタ2016 Spring 会場に到着


34

年に2回開催される、「うさぎのしっぽ」という東京、横浜に5店舗を持つ、ウサギ専門店が主催のイベントに参加をしました。

このイベントでは、ウサギを連れての参加が可能です。会場内では可愛らしく飾り付けられたペットカートに、可愛らしくおめかししたウサギたちが、あちこちにいました。

会場内に入ると、いったん机をお借りして、うりちゃんに胴輪とリードをつけ、組み立て式のケースにいれました(100円ショップのCDケースです)。会場内には、うさぎのケアエリアが用意されており、「ウサギと飼主さんのことを考えておられるなぁ」と思いました。ありがたかったです。

51
あたしのほうが、数百万倍可愛いけど?by うり


■写真家の井川俊彦先生に会いにゆく

昨年春のうさフェスタでお声がけができなかった、動物の写真を魅力的に撮ってくださる憧れの井川先生に、うりちゃんとご挨拶に行きました。お話をしてから、

「うりちゃん、井川先生に写真撮ってもらおう!」
「ちょうど空いているからいいよ」

ということで、うりちゃん、写真を撮っていただきました。金額は5000円です。


あたし、ここにいたらいいの?by うり


うりちゃん、どこにいるのかわからないよ!by シモベの武田



井川先生、ありがとうございました!


■清水動物病院の院長先生と宏子先生に会いに行く

らびっとわぁるどさんで毎月開催されている「うさぎ塾」や、インターペットなど、最近すこしだけ親しくさせていただいている清水動物病院の院長先生と宏子先生の講習会に参加しました。

42

今回のテーマは「春のお出かけワンポイント」。
ウサギとお散歩をするときの注意について8つのスライドを用いてお話がありました。

2016-04-17_09h17_53

自分用の即席マップなので、読みにくいと思うので、これはまた別にまとめなおしますね。


■ひこ屋さんに会いに行く

2014年に大阪のセミナーに行った帰り、雑貨屋「BUSAKAWAMON」で見つけた、表現の難しい可愛さあふれる動物たちがいて、思わず購入をしました。それから去年のうさフェスタで、その絵を描くイラストレーターさんと偶然お目にかかりました。それが「ひこ屋」さんです。



これは一筆箋。あと、ハガキ2枚、マイクロファイバー巾着袋を買いました。スマートフォンやパソコンの画面がぴかぴかになります。モバイル持ち歩くことが多いので、重宝しております。ひこ屋さん、いつもありがとうございます!


■うさぎと暮らす編集部の方に会いにいく

昨年、お世話になった「うさぎと暮らす」という、ウサギ業界では老舗雑誌の編集部の方にご挨拶をしました。
うりちゃんが子供達に見つかりなでられていたので(うりちゃんは子供達に大人気)、そのままそっと預けて、わたしは会場の中を観察しました。ありがとうございました。


■他の催しは?

「うさコレ2016」という、うさぎのファッションショーや、Tシャツ展、メーカー講習会など、ウサギと暮らす飼主さんが楽しめる企画もたくさんあります。



次回は秋開催予定。ウサギと暮らすあなたも、一緒には暮らしていないけれど興味があるあなたも、行ってみるときっとニコニコしちゃいますよ!


以上、ウサギとヒトだけのお祭りなんてあるの?『うさフェスタ 春 2016「桜祭」』に参加しました でした。



/) /) (いつも、ありがとうございます**)
*´ㅅ`) o0


────────────────
 
「もふnote」 https://note.mu/pta_moff/
→「ペットと暮らすこと」をイラストを使ってわかりやすくつづっています。
 
**゜ /) /)
c(⌒(_*´ㅅ`)_ 移住日記はじめました!!→ https://note.mu/pta_moff/m/m623304c51273)
 
─────────────────